相続・資産税コラム

2014年01月13日 第103回 養子の人数と相続税の関係


産に係る基礎控除額は、5,000万円+1,000万円×法定相続人の数の算式で計算します。

つまり法定相続人の数が多くなると、基礎控除額が一人について1千万円程
大きくなるので、養子をとって法定相続人を増やすことは節税になります。

しかしこの算式の法定相続人の数に算入できる養子の数には制限があります。
実子がない場合は2人まで、実子がある場合は1人です。
それ以上の養子がいても、法定相続人の数に算入しないことになっています。

ご注意頂きたいのは、この措置はあくまでも税法上の考え方であって、養子縁組の
効力や養子としての地位を否定するものではありません。

代表紹介

銀行融資にはコツがある

お申し込みからの流れ

メールでお問い合わせ

相続資産税コラム

池上税理士事務所

株式会社池上総合鑑定

ページトップへ戻る