相続・資産税コラム

2014年02月27日 第147回 相続開始後に取得した保険金・給付金について


相続開始後に相続人が取得した生命保険金等は、
相続または遺贈により取得したものとみなされ、相続財産に加算されます。

その際、法定相続人の数×500万円までの金額が非課税になるため、
その分税金は安くなります。

なお、みなし相続財産として加算されるこれらの保険金は、
被相続人が保険料を負担しており、「被相続人の死亡」を
保険事故として支払われるものに限られます。

しかし、被保険者の傷害(死亡の直接の基因となった傷害を除く)や
疾病その他これに類するもので、死亡を伴わないものを保険事故として
支払われる保険金等(入院給付金等)については、相続開始後に入金され、
被相続人が受取人となっているものであっても、前述したみなし相続財産には該当せず、
被相続人の本来の財産(その他財産)として、その全額が相続税の課税対象になります。

また、被相続人の生前に支払われたものについては、被相続人の預貯金等に含まれます。

代表紹介

銀行融資にはコツがある

お申し込みからの流れ

メールでお問い合わせ

相続資産税コラム

池上税理士事務所

株式会社池上総合鑑定

ページトップへ戻る