相続・資産税コラム

2014年03月05日 第152回 相続時精算課税の適用を受けようとする者が届出書の提出前に死亡した場合


贈与により財産を取得した者が、相続時精算課税制度の適用を
受けることができる場合に、当該制度適用者である死亡した受贈者が贈与税の
申告期限前(相続時精算課税選択届出書の提出前)に、
「相続時精算課税選択届出書」を提出しないで
死亡したときには、当該贈与を受けた財産について、相続時精算課税の適用を受ける為に
提出する相続時精算課税届出書の提出先及び提出期限等は、どうすればよいのでしょうか。

上記のような場合には、死亡した受贈者の相続人
(包括受遺者を含み、贈与者を除く。)が、死亡した受贈者が
有することになる相続時精算課税制度の適用を受けることに伴う納税に係る権利
又は義務を承継するため、受贈者にかわって提出を行います。

この場合の届出書の提出先及び提出期限についてですが、その相続開始があったことを
知った日の翌日から10か月以内が、その死亡した受贈者の
相続人の贈与税申告期限となるため、
当該届出書においても、死亡した受贈者の死亡した日における
贈与税の納税地の所轄税務署長に共同して提出し、納付をします。

また、相続人が2人以上いる場合には、当該届出書の提出は、
これらの者が一の届出書に連署して行う必要があります。

代表紹介

銀行融資にはコツがある

お申し込みからの流れ

メールでお問い合わせ

相続資産税コラム

池上税理士事務所

株式会社池上総合鑑定

ページトップへ戻る