相続・資産税コラム

2014年03月17日 第164回 信用金庫等への出資金の評価について


被相続人が信用金庫等への出資を行っていた場合について、
その出資金の相続財産としての評価は、原則として、「払込済の出資金額」によって評価します。

財産評価基本通達194から196では、協業組合への出資、
信用金庫・信用組合への出資、農業組合法人への出資と、その事業形態に応じて、
それぞれに分けられこらむて規定されています。

なお、協業組合の出資については、会社としての要素を多く含んでおり、
持分会社に近似しているとのことですが、各組合員の議決権は平等であり、
出資金額と議決権は、直接関係しないことから、非上場株式の評価をする際の算式等は、
適用しないことになっています。

代表紹介

銀行融資にはコツがある

お申し込みからの流れ

メールでお問い合わせ

相続資産税コラム

池上税理士事務所

株式会社池上総合鑑定

ページトップへ戻る