相続・資産税コラム

2014年06月21日 第260回 現地調査の重要性

弊社では、土地評価の際にはほぼすべての土地について現地調査をします。

Googleのストリートビューなど、その土地の評価に必要な情報はパソコンひとつでほとんど知ることができますが、実際に現地に行かない限りは知ることのできない情報もたくさんあります。

現地調査では、土地の簡易測量、前面道路や対象地及び周辺の写真撮影、役所調査が主になります。また、土地の上下左右を確認し、土地評価の減額要素がないかどうかの確認をします。

例えば、
・前面道路から土地が低いところにある。
・土地の上に高圧線が通っている。
・隣に墓地がある
・横を電車が走っていて騒音が激しい

こういった土地は、評価の減額要因になる可能性があり、また、実際に現地に行かなければ確認できない場合がほとんどです。
このような一見見落としがちなことでも、評価額が何百万も下がる場合がございますので、相続税申告でお困りの方は弊社までご連絡お待ちしております。

代表紹介

銀行融資にはコツがある

お申し込みからの流れ

メールでお問い合わせ

相続資産税コラム

池上税理士事務所

株式会社池上総合鑑定

ページトップへ戻る