相続・資産税コラム

2014年07月25日 第294回 相続税専門の税理士とお医者さん

相続税の年間申告件数は、約5万2千件(平成24年分)でした。これは相続税額の生じる申告件数ですので、相続税額は生じないけれど申告義務は生じる方の申告件数も含めるとこれよりも多い件数となります。

対して、全国の税理士の数は74,884人です。つまり税理士1人あたり年間0.59件の申告件数となります。この為1年間に1度も相続税申告をしない税理士や、長年税理士業を営んできても相続税申告は数件しか経験がないという税理士がとても多いのが実情です。

医者にも外科、内科、眼科、耳鼻科等、それぞれ専門分野が分かれているように、税理士にも法人税、所得税、消費税、相続税等、その税理士によって専門とする分野が異なります。この中で多くの税理士が得意としているのは法人税や所得税であり、相続税を専門としている税理士はごく少数です。

手術を受ける際に、手術経験の少ない耳鼻科の医者に自分の腹を切らせる人がいるでしょうか。これと同じことが税務申告でも言えるのです。

代表紹介

銀行融資にはコツがある

お申し込みからの流れ

メールでお問い合わせ

相続資産税コラム

池上税理士事務所

株式会社池上総合鑑定

ページトップへ戻る