相続・資産税コラム

2012年10月11日 第50回 共有の解消方法

共有の解消方法は次の4つです。

①土地を分筆し、各人の単独所有とする。(建物は分筆できない)
②共有の土地を売却してしまい、売却代金を山分け
③共有者の一人が、他の全員の共有者に金銭を支払い、単独名義にしてもらう
④複数の不動産を共有名義で持っている場合は、それぞれの共有持ち分を交換して、単独所有とする。

不動産の共有名義は、トラブルのもとになりやすいため、次世代のことを考え、早期に解消する方が良いでしょう。②~④は、税理士・不動産鑑定士の池上税理士事務所の得意分野です。

ぜひご相談ください。

代表紹介

銀行融資にはコツがある

お申し込みからの流れ

メールでお問い合わせ

相続資産税コラム

池上税理士事務所

株式会社池上総合鑑定

ページトップへ戻る