相続・資産税コラム

2012年08月30日 第8回相続人が未成年の場合

相続人の中にもし、未成年者がいる場合、通常の相続手続きとは別に、「特別代理人」という立場の人を用意する必要があります。

母親は、未成年の相続人の代理人とはなれません。母親が相続財産を受け取る利益と、子供が相続財産を受け取る権利が相反する可能性があるからです。(実際は、子は母親に育てられているケースが多いので相反する可能性は低いです)

この特別代理人は、家庭裁判所から選任され、この特別代理人と母親で遺産分割協議をすることになります。

代表紹介

銀行融資にはコツがある

お申し込みからの流れ

メールでお問い合わせ

相続資産税コラム

池上税理士事務所

株式会社池上総合鑑定

ページトップへ戻る