相続・資産税コラム

2014年01月09日 第99回 相続財産の評価額を減らしたい


資産の評価を減らすことができれば、相続税の納付額が少なくなります。

特に財産の中でも土地の評価については、多くの評価方法があり、
税理士によって評価額が大きく異なることもあります。

このため相続に強い税理士に申告を依頼することで、
資産の評価額を減額することは可能となります。
しかし、実際に相続が発生した後では、決められたルールの中で最適な評価減を行い
申告する道しかありませんが、生前から相続対策を行うことでより資産の評価減を
行うことが可能となります。

このため多額に税金の納付が予想される方については、生前から税理士に相談し、
相続対策を行っておくことが重要です。
相続が起きてからでは、評価額の減額には限界がありますが、
生前から対策を行うことで減額対策の選択肢の幅が広がります。

代表紹介

銀行融資にはコツがある

お申し込みからの流れ

メールでお問い合わせ

相続資産税コラム

池上税理士事務所

株式会社池上総合鑑定

ページトップへ戻る