相続・資産税コラム

2014年04月05日 第183回 亡くなる3年以内の贈与


一般的な相続税の生前対策として、毎年110万円(贈与税の基礎控除内)
ずつ贈与する方法があります。
p しかし、相続人が相続開始前3年以内に被相続人から贈与により取得した財産は、
相続税の生前贈与加算として、相続税の計算上、
課税価格に計上されますので、ご注意ください。

相続税の生前贈与加算については、以下のすべての要件を満たす方が対象です。

①相続または遺贈により財産を取得した者
②相続開始前3年以内にその被相続人から贈与により取得した財産がある者
③その財産は贈与税の課税価格計算の基礎に算入されるもの。
(住宅取得資金等の非課税贈与や贈与税の配偶者への居住用不動産等の
贈与などは除かれます。)

一方、代襲相続や遺贈がある場合を除き相続人にならない孫への贈与は、
亡くなる直前であっても、相続税の財産に計上されることがありません。

贈与の場合には、念のため贈与契約書等を作成することをお勧めします。

代表紹介

銀行融資にはコツがある

お申し込みからの流れ

メールでお問い合わせ

相続資産税コラム

池上税理士事務所

株式会社池上総合鑑定

ページトップへ戻る