相続・資産税コラム

2012年09月17日 第26回 広大地評価とは? ①

相続財産に広大地(1,000㎡以上)があれば、非常に低い額でその土地が評価されるため、相続税を大幅にカットできる可能性が高いです。(1,000㎡以下でも可能性はあります。)

どのようなケースに広大地評価が使えるのでしょうか?

広大地と認められるためには3つの要件があります。

要件①
標準的画地に比べて著しく地積が大きいこと

都道府県によって違いますが、宮崎県では、1,000㎡以上が「標準的画地に比べて著しく地積が大きい」とされます。ただし、1,000㎡に近い土地でも該当する可能性は十分あります。

要件②は次回ご紹介します。

代表紹介

銀行融資にはコツがある

お申し込みからの流れ

メールでお問い合わせ

相続資産税コラム

池上税理士事務所

株式会社池上総合鑑定

ページトップへ戻る