相続・資産税コラム

2012年11月08日 第78回 相続における共有の問題点

共有名義の不動産というのは、世の中にたくさんあります。典型的な例が、戸建の新築です。ご夫婦共働きの場合、夫婦の共有のほうがローンの審査が通りやすいからです。

しかし、共有名義の不動産にはデメリットがあります。

①他の共有者の全員の同意を得なければ、土地の売却や新築、既存の建物を壊すことができない

②共有者の死亡による相続で、持ち分が枝分かれし、更に権利関係が複雑化する。

結構デメリットが多く、争いの切掛けになりかねないです。次回は、共有の解消方法です。

代表紹介

銀行融資にはコツがある

お申し込みからの流れ

メールでお問い合わせ

相続資産税コラム

池上税理士事務所

株式会社池上総合鑑定

ページトップへ戻る