相続・資産税コラム

2012年11月15日 第85回 セットバックのある土地

セットバックとは道路の幅員が4m未満の場合、道路の中心から2m後退することをいいます。これは建築基準法第42条第2項で規定されています。

例えば自宅の前面道路の幅員が2.8mの場合は、道路の中心は1.4mであり、そこから水平距離で2m後退することになります。従って確定した道路境界線よりさらに60cm後退することとなり、この部分がセットバック箇所となります。

このセットバックすべき部分については、通常どおりに評価した価額から70%相当額を控除して評価します。

代表紹介

銀行融資にはコツがある

お申し込みからの流れ

メールでお問い合わせ

相続資産税コラム

池上税理士事務所

株式会社池上総合鑑定

ページトップへ戻る